アメリカ就職を目指す方のための就職支援サイト -アメリカの求人・仕事情報満載-

WorkUSA アメリカで働くを探そう

WorkUSA ホーム » WorkUSA 利用者の声 »

WorkUSA 利用者の声: 岡村 由香さん

プロフィール 日本の4年制大学でメディアを専攻し卒業。出版社で編集者として勤務後渡米。現在、全米日本語プリントメディアの中で最高部数を誇る情報誌「ライトハウス」にて勤務。
学生時代勉強されていたことや現在までの職業経歴を教えてください。
学生時代は4年制大学に通い社会学を専攻していました。社会学部では主に雑誌や報道などメディアに関することを学んでいました。大学在学中に出版社で2年間アルバイトをしていたのですが、その出版社で入社試験を受けて、 採用していただき、2年間正社員として働きました。学生時代のアルバイトと社会人になってからと合わせて、計4年その出版社で働いていたことになりますね。そこでは月刊雑誌の編集者として働いていました。雑誌が完成し出版 されるまでには、今月はどういう特集にするのかという企画から、モデルにどういう服を着せてどこで撮るのかという設定、カメラマンに写真を撮ってもらいその写真をどのようなレイアウトにして掲載するかなど、完成までいく つもの工程があります。編集者の仕事はそれらの工程をすべて把握して動かなくてはなりません。そのためレイアウトが完成した後も色や明度など刷り上ったものをチェックし印刷所と何度もやりとりをするという日々で、締め切 りとの戦いでした。締め切りの前は徹夜の日もあって本当に忙しくしていましたが、好きな仕事だったので毎日充実していました。
海外に目を向けられたきっかけはなんですか?
日本で働いていたときは職場環境、仕事どちらにおいても満足していました。正社員として2年が経ち仕事にも慣れてきた時期だったのですが、同時に担当雑誌が若年層を読者対象にしていたということもあり、他の雑誌も手がけてみたいという思いがでてきました。その時に、次の会社に移ったとしても今のように忙しくなるということは想像できましたし、大学卒業から就職までずっと休み無く働いてきたのでここでワンクッションおこうと決心しました。LA には以前3回ほど旅行で来た事がありチャンスがあれば住んでみたいと思っていました。ワンクッションおくときめたときに LA のことを思い出し、今までなかなかチャンスを掴めなかったので今だと決意しました。海外で仕事をしながら生活をすることは英語のブラッシュアップにもなると思いましたし、行くならば長期での生活を体験し観光旅行では見えない生活をしたいと思いました。アメリカに永住をするということを目標にするのではなく、日本に帰国し出版の仕事を続けることを前提としていたので、日本でのキャリア形成も考え期間は1年半にしました。
WorkUSA を利用してよかった点はありますか?
まず、手続きすべてをやっていただけたことですね。普通は企業の対応が遅くて困る事が多いと思いますが WorkUSA は対応スピードが速くて自分の方がスローだったくらいです。
カウンセリングはいかがでしたか?
最初はメールのやりとりをして次に実際にカウンセラーの方にお会いしてカウンセリングを受けたのですがカウンセラーの方がお話上手な方だったので初対面でも楽しくお話することができました。西海岸で出版社という私の希望をもとに、企業紹介も具体的にすぐに紹介していただき、 その時点で不満なしだったので他のエージェントをまわるということもなかったです。
ビザの取得はどうでしたか?
ビザを取得するまでどれくらいかかるのか、就業までのプロセス、その間に何をすべきなのかをすべてスケジューリングして頂いたのでビザがでるまでに時間がかかりますといわれましたがただ待っているだけではなくその間にしなければならないことがすべて分かっていたので長く感じませんでした。 ビザを申請する際に必要な大使館面接の練習も2回もしていただき、その時はケアが行き届いているなと思いました。質問事項も過去に WorkUSA を通じて渡米された方が実際に質問されたものがデータとして蓄積されていて、本番も同じ質問をされました。手続きだけならば自分で頑張ればできたかもしれませんが、やはりプロのノウハウを享受できたことがよかったです。
仕事上で大変だったことはありましたか?
やはりアメリカの企業と日本の企業とのギャップですね。スピードも違えば、手続きの進め方も全く違います。それと主に経理を担当していてお金に関わることなので、気を遣うし慣れるまでは大変でした。社長にもよく怒られましたよ。(笑)
旅行と今回の滞在の違いは実際ありましたか?
旅行と実際の生活では全然違います。旅行はあらかじめいつ帰るというリミットがあるので過密スケジュールで動きますが、見るもの全てが新鮮でキラキラ輝いていて、帰国後も楽しい思い出になるものですよね。その点、長期での滞在では急ぐ必要がないのでゆっくり楽しめて疲れないところがいいところだとおもいます。しかし生活は旅と真逆です。現実的な面もみなければなりません。お金がかかることがあったりソーシャルセキュリティーや免許の取得が必要だったり大変なこともあります。ですが、今ではそれがいい経験になっています。
一日の流れを日々の生活を含め教えてください。
朝7時45分に起きて、8時30分に自宅を出る。カリフォルニアは天気がよく気持ちが良いので30分散歩をすることもあります。9時に仕事開始。メールをチェックしたり今日の業務確認作業を行います。12~13時は昼食。18時まで仕事。19時からヨガに行き、21時に家に到着。そして0時までには寝ます。
お仕事の内容について教えてください。
「ライトハウス」のクラシファイドという部署で働いています。一般的に広告というと、企業が何百万円もかけて掲載するものですが、クラシファイドでは主に一般の方がお客様です。掲示板のようなものですが、掲示板よりも少し広告要素がつよく「個人広告」という感じです。例えば、空き部屋を貸したい人が入居者を募ったり、特定のサービスを探したり。広告の対象は日本人ですが、広告主は現地の方(アメリカ人)もいますので英語で郵送されてきた広告を翻訳し日本語で掲載することもあります。同じ出版社ですが日本にいたときには経験しなかった新しい業務も担当しています。特に経理の仕事や日本では使っていなかったソフトを使用しての仕事は自分にとって新しい経験です。そういった面でも日々成長しているという実感があります。
現在海外就職を考えられている方へメッセージをお願い致します。
行きたいと思ったら絶対に行ったほうがいいです。日本にいてもどの国にいても大変なこと、辛いことはあると思います。実際に、辛い事や理不尽な体験は大変だと思いますがその分、得るものが大きいと思います。
今後のキャリアの展望をお聞かせください。
日本に帰っても出版社で働きたいと思っています。働く上で英語で業務ができるようになったことはこのプログラムに参加した大きな収穫ですね。日本で働いていた時、日本語が話せない外国人モデル が多くいたのですがモデルへの指示といった場面のほかに翻訳もできるようになったのでそれが今後の強みかなと思っています。日本では編集の仕事のみでしたが、こちらで経験させてもらった新しいスキルを生かして仕 事の幅を広げたいです。将来的には書籍のほうにも目を向けて、本の出版も手がけたいです。最終的には自分の本を出版できたらいいなと思っています。

WorkUSA 利用者の声 へ戻る

新型コロナウィルスの影響による採用状況について

新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、アメリカでは一部の非移民ビザの発行が現在停止されております。既に2020年内の発行停止が決定しており、アメリカ企業の国外採用活動も止まっています。

状況が落ち着けば、来年にはビザ発給停止が解除されて雇用活動も再開されることが考えられますが、現状すぐでの案件のご紹介などできかねる状況でございます。なお、来年以降の渡米を目指されている方に対しては個別相談を随時受け付けますので、お気軽にお問い合わせください。

WorkUSAはアメリカ就職を目指す方と日本人を雇用したい企業との出会いの場を提供するアメリカ就職支援サイトです。業種・職種ごとの求人情報、地域・都市ごとの求人情報からあなたが希望する仕事を探してください!また、メルマガ登録者には定期的にアメリカの新着求人情報をお送りいたします。

WorkUSA お問い合わせフォームはこちら

姉妹サイト:WorkHAWAII姉妹サイト:ASIA CareerWorkUSA メールマガジン