アメリカ就職を目指す方のための就職支援サイト -アメリカの求人・仕事情報満載-

WorkUSA アメリカで働くを探そう

WorkUSA ホーム »

WorkUSA のビザサポート

外国人がアメリカで働くためには、アメリカ国内での就労が認められるビザ(査証)が必要です。就労を可能にするビザは数種類あり、業種や雇用形態などにより異なります。就労ビザをお持ちでない方に対して、WorkUSA は J-1(トレーニー)ビザ取得サポートを提供しています。先ずは J-1 ビザを取得することで、多くの方がアメリカへチャレンジしています。

グリーンカード・就労ビザをお持ちの方: WorkUSA は、アメリカの就労ビザもしくは永住権をお持ちでない日本在住者を対象とさせて頂いております。既にアメリカで働く資格を持つ方は、アメリカの人材紹介・派遣会社などをご利用ください。

J-1 ビザのメリット

多くの種類があるビザの中でなぜ J-1 ビザを取得するのでしょうか?

J-1 ビザはアメリカで研修を受けることを目的としているため、その申請方法や申請基準は一般的な就労ビザと異なります。その違いは、会社にとっても申請者にとっても、大きなメリットがあります。

  • 受入企業の負担が少ない
  • 就労ビザと比べビザが取得しやすい
  • 通年で申請が可能
  • 他のビザに比べて所得税が大きく控除される

J-1 ビザ詳細ページJ-1 以外のビザについて

DS-2019(滞在許可証)をすべて申請代行!

DS-2019 は J-1 ビザを申請する上で必要な「滞在許可証」です。

WorkUSA はその申請から取得までの手続きをすべて代行します。お客様が行うことは、DS-2019 を申請するために必要な書類を集め、WorkUSA が作成する書類にサインをするだけです。DS-2019 は申請してから約4週間で取得します。

DS-2019 を入手するには、ビザスポンサーとなる米国の非営利教育団体へ申請します。その申請費用は団体により異なりますが、採用企業が決まった後に具体的なお見積もりをお渡しすることができます。

書類作成も簡単!

DS-2019 やビザを申請するため、お客様には英文推薦状や DS-160 などの書類を作成いただきます。WorkUSA は、すべての書類に対してサンプルを用意していますので、お客様にはそれを参考に作成していただくだけ。分からない点があればいつでもご相談いただけます。

独自の大使館ビザ面接サポート

WorkUSA は、ビザ面接を受けた方々から毎回ヒアリングをし、最近の大使館の傾向、面接で聞かれた内容などをまとめ、独自の面接問題集を用意しています。その問題集をベースに、WorkUSA のビザ専門スタッフとマンツーマンで面接のシミュレーション練習を繰り返します。練習回数に制限はありません。また問題集は、お客様の年齢・学歴・キャリア・英語力・受入先・仕事内容・勤務地から個別にあわせて作成しますので、その内容はお客様にとって分かりやすいものになっています。

  • ビザ発給の是非は大使館の判断であり、WorkUSA のサポートはビザ取得を保証するものではありません。
  • ここでご案内しているのは J-1 ビザ(トレーニー)です。

WorkUSA ホームへ戻る

WorkUSAはアメリカ就職を目指す方と日本人を雇用したい企業との出会いの場を提供するアメリカ就職支援サイトです。業種・職種ごとの求人情報、地域・都市ごとの求人情報からあなたが希望する仕事を探してください!また、メルマガ登録者には定期的にアメリカの新着求人情報をお送りいたします。

WorkUSA お問い合わせフォームはこちら

姉妹サイト:WorkHAWAII姉妹サイト:ASIA CareerWorkUSA メールマガジン